Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

ピウイを旅立たせて1年が過ぎました。 

1年間ずっと書けずにいましたが、昨年の3月10日、ピウイを安楽死させました。
旅立たせた瞬間から後悔と自責の念にさいなまれ、胸の奥にずっと石ころが入っているような気持ちで過ごしてきました。この石ころは取り出そうとしてはならないと思って過ごしてきた1年でした。

ピウイ20140223

ピウイの様子がおかしくなったのは、一昨年の12月。1週間ほど雨が降り続いた時でした。水を飲む回数が急に増えたかなと思っていたら、所構わずおしっこをするようになり、しばらくすると、その上に平気で寝ているようになりました。獣医さんに言われて飲む水の量を確かめているうちに、量自体は問題なく、足の衰えから外に出るのに間に合わなくなっていることに気づきました。

ピウイとロス用に私の寝室と棟続きの部屋を犬小屋代わりにしていたのですが、そのうち、夜中に2匹が喧嘩するようになりました。ぼけが始まっていたのか、ピウイがぐるぐる歩き回るようになり、寝ているロスをおぼつかない足で踏んづけたりしていたのでしょう。また、夜中にうめくような声も出すようになったので、そのたびに起きて、背中をさすりに行っていました。

犬がいる部屋に行くには一度中庭に出なくてはならず、寒さも厳しくなってきたので、ピウイは私の部屋、ロスは居間へと別々に入れることにしました。静かに寝ているピウイの顔は本当に穏やかで優しく、老犬とは思えないあどけなさがありました。一緒の部屋で寝られるのが、嬉しくもあったのです。けれども、夜の大運動会が始まると大変でした。ぐるぐる回り続け、倒れて立てなくなると、悲しいうめき声をあげました。そのたびに立たせたり、背中を撫でて落ち着かせたり寝かしつけたり、体を支えておしっこを手伝ったり、水を飲ませたり…。思いっきり寝不足の毎日でしたが、全然苦にはなりませんでした。
ピウイ20140310


ピウイは関節炎とのことで、消炎鎮痛薬と胃薬が処方されていました。その他、関節炎用のサプリと、少しでも老化現象を改善できないかと、オメガ3と6のオイルや脳内の血流を増やすという薬も飲ませていました。食欲はあるし、短いながらも散歩にも出られていたので、こうした薬でピウイの状態は良くなるものと思っていました。

けれども、立てなくなった時などに小さいうめき声を出していたのが、すぐに駆けつけてあげられないと、遠くまで響くキャンキャンという声をあげるようになりました。最初のうちは、「なんですのん?倒れてしもたん?さあ立とか」と明るい調子で声をかけていたのが、ピウイから目が離せないので、夕方から出かける日本語教室の仕事を辞めたいなと思うようになっていました。ピウイの様子がおかしくなってから、2か月が過ぎていました。

書くのが辛くて今日まで逃げていたのが、書き始めたら、長い文になってきました。日を改めて、ピウイと過ごした最後の日々のことを書こうと思います。

カテゴリ: ピウイ

この記事に対するコメント:

お久しぶりです。
ピウイさん、一瞬茶々かと思いました。
ビーちゃんと再会できてから、
もう一年経っていたのですね。
ピウイさんの一枚目の画像、
まるであちらで、皆と仲良く遊んだあとの心地よい疲れの中
ちょっと下界を思い出して懐かしんでいるようです。

今日は留守番勤務で順番にいつものように
皆さんのブログを訪問していました。
ひたすら涙を流す私を同僚が見て見ぬふりをしてくれるのが
ありがたいです。
次回も読ませていただきます。

URL | 松の実 #5kA2psGk
2015/03/14 01:38 * 編集 *

コメント、ありがとうございます!

松の実さん、本当にご無沙汰してしまいました。
随分長い間ブログから離れていたのに、
こうしてコメントをいただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます!

松の実さんが書いてくださったことを読んでいたら、
こちらも涙が出てきました。
とにかく後悔ばかりの1年で、ピウイがビーちゃんと
再会って、考えたこともありませんでした。
そうだ、そうだったと、温かい気持ちになりました。

この世では会えなかった茶々さんとも、一緒に
遊ばせてもらっているのかもしれませんね。

季節が一回りして、散歩道の様子が去年の今頃と
同じになり、気持ちがざわざわしてなりませんでした。
ピウイを旅立たせた時のことを書くのは、
とても辛いのですが、思い切って書いて良かったと、
松の実さんからコメントを頂戴して思いました。
ありがとうございました。

URL | izumi #-
2015/03/14 12:37 * 編集 *

izumiさん
その節はまいると紫龍に贐のお言葉をありがとうございました。
今の私には何も言えません。
ピウィさん
この世で会うことは叶いませんでしたが
そちらでいつの日かまいると紫龍と一緒に遊びましょう。
楽しみにしていますよ。
私は毎日、なぜ、一緒に行かねばならなかったのか!?と
腹立たしく悲しく寂しく思っています。

URL | ハイジ #2ZmdC3zw
2015/03/19 15:04 * 編集 *

コメント、ありがとうございます!

ハイジさん、こんにちは。
自分のブログだけでなく、他の方々のブログにもすっかりご無沙汰
しておりますのに、こうしてコメントをいただき、本当に
ありがとうございました。
ピウイを安楽死させた罪悪感から、もう愛犬家の輪には入れないと
思い、足が遠のいていました。

ハイジさんの腹立たしく悲しく寂しい思い、お察しします。
お宅にお邪魔した時には、まいるさんも紫龍さんも、うちの
ビーちゃんもピウイも、みんな元気でした。
いつかあちらの世界で、また全員集合したいと心から
思います。

URL | izumi #-
2015/03/20 10:18 * 編集 *

お久しぶりです。

izumiさん、ご無沙汰しております。
ピウイちゃんが旅立ってから一年が過ぎたんですね。
人の脳って不思議なもので、忘れていく事も多いいのに
自分の心に引っかかっているもの、、、特に後悔って消えませんよね。

命に関わる選択は特に終わりなき(答えなき?)問いだと思います。
どちらの選択肢を選んだとしても、きっと多少なりの後悔は
すると思います。
大切だからこそ、後悔して悩むんですよね。
でも後悔はしても、自分を責めるのは一息つきませんか?
、、だって、izumiさんにとってピウイちゃんはかけがえのない大切な存在で、
相手の事を考えて、考えて、考えて出した選択だったのですから。
なでる手から、声から、視線から大事にされている気持ちって伝わりますよね。
izumiさんを大切に思う気持ちもピウイちゃんの仕草から伝わってきていたと
思います。
確実な事はピウイちゃんはizumiさんが大好きだってこと。今も昔も一年前も。

なんか、分かったようなことを書いてすみません。
私もコテツの最後の瞬間で後悔している事はあります。
でも、前を向くために自分を責めるのはやめてます。
(たま~に考えますけどね、、、たま~に、です(=_=))

izumiさんがブログを更新してくれてうれしかったです。
またピウイちゃんの事を聞かせてください。

URL | tochiku #-
2015/05/06 16:07 * 編集 *

コメントありがとうございます!

おぉっ、tochikuさん!大変ご無沙汰してしまいました。
長い間放置してあったブログに、tochikuさんからこうしてまたコメントを
いただけて、本当に嬉しいです!ありがとうございます!

3月にピウイのことを書き始めたものの、その後が続けられず、もう2か月
たってしまいました。
tochikuさんが書いてくださったことを読んで、涙が出てきました。
まだ書いてないんですけど、ピウイの最期の様子を見た時から、
あんなに大切な存在だったのに、最後の最後で裏切ってしまったという思いに
さいなまれています。
というか、その思いを自分で抱え込んでいるんだと思います。

「そんなんじゃ、ピウイがいつまでも悲しんでるよ」とか言われても、
「でもなぁ…」と思うばかりでした。
でも、tochikuさんが書いてくださった、「後悔はしても、自分を責めるのは
一息つきませんか」という言葉に、とても救われた気がしました。
そうか、後悔はずっとしていっていいんだ!って。違うか(笑)。
でも、なんかね、後悔と自責の念を分けて考えるっていうところに、
すがりたい気持ちになったんです。

tochikuさんの文章を読んでいて、コテツさんへの優しさあふれる
ブログを思い出し、コテツさん、そしてうちの老犬三人衆(ロスは健在ですが)
が元気だったあのきらきらしていた日々が、心底懐かしくなりました。

お時間割いてコメントくださって、本当にありがとう。

URL | izumi #-
2015/05/07 23:57 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://inunominasan.blog.fc2.com/tb.php/76-f83a36b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。