Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

犬のグルメ本 

 スペインでわんこのための、とても素敵な本が出ました。
EL PERRO GOURMET 31 Recetas para hacer feliz a tu perro』 著者José Miguel Ramírez Alonso、出版社Mandala Ediciones。

Perro gourmet 1

Perro Gourmet 4
「この本ですよ!」

 タイトルを日本語にすると、『グルメドッグ 飼い犬を幸せにするための31のレシピ』といった感じでしょうか。著者は犬のホテルを運営している他、しつけ教室などもしているらしく、本の一行一行から、わんこに対する熱い思いが伝わってきます。
 
 前半が理論編というか、犬の食事に対する著者の考えや、拾い食いへの対処方法などが書かれていて、実践編の後半で31のレシピが紹介されています。実は私、いきなり後半をパラパラと見て、日曜日のパエージャの残りで作る「ドッグ・パエージャ」や、「ピザ」といったレシピを見つけて、正直、えぇっ、こんなの食べさせていいの?と思いました。

Perro gourmet 2
「ふむふむ、いいことが書いてある」
 
 でも前半を読んで、この本で紹介されているのは、時々わんこたちにサプライズで用意する、スペシャルメニュー(いつものドッグフードに混ぜて出します)なんだってことがわかりました。スペシャルメニューと言ったって、手がかかるものではありません。ちょっとした工夫で、時々わんこを喜ばせよう!というものです。毎日同じドッグフードばかりの「えさ」を、「お食事」にって感じ。長年多くの犬たちと接してきた著者によると、人間と同じように、わんこたちもご馳走を食べると、リラックスして機嫌が良くなるそうです。使っていい食材、使うとまずい食材のリストもあるので、手作り初心者にもとても参考になります。
 
 私はいつも、松の実さんという方の茶々ちゃん(18歳)のブログを読んでるんですが、この茶々ちゃんがお汁粉好きってのを読んだ時、目からウロコが落ちる思いでした。そして、この本を読んでさらに、うちのわんこたちにも、時々何かとてもおいしいものを出したいという気持ちになりました。この本にも、長い年月を一緒に過ごしてきてくれている老犬たちにこそ、こうしたご馳走を用意したいということが書いてあります。なんというか、犬を飼うっていうより、犬と一緒に毎日を過ごして、さらに喜ばせよう!という、食を通じて犬との関わり方を改めて考えさせられる本です。

 その他、この本は、売上の多くの部分が、シェルターなどを通じて、捨て犬のために使われるそうです。本を読む飼い主とそのわんこたちだけじゃなく、他のわんこたちのためにもいくらかの手助けになるってのもナイスです。

Perro gourmet 3
「おいしいご飯を作って!」

 最後になりましたが、この本、ネット上では長いお付き合いなのに、直接お目にかかったことがない大切な友達、れいこさんからのプレゼントでした。実は、この本の誕生に、
れいこさんも関わっていらっしゃいます。手元に置いて、何度も開けることになるだろう素敵な本を、どうもありがとう!!うちのわんこたちにも、「えっ!?今日は何?」と驚かせるような食事を作りたいと思います。ま、驚きを表す前に、がっついて完食でしょうが…。

カテゴリ: わんこ文庫

この記事に対するコメント:

本をとりあげていただいて、リンクまで貼っていただいて光栄です!
著者とはほとんど接触がないままの制作になりましたが、
読んでいて本当にワンコたちへの思いが伝わってきました。
レシピも、手近な素材で手軽に作れるようなものばかりです。
ワンコ好きのみなさんに喜んでいただければ幸いです。
izumiさんのワンコたちも、たくさんおいしいご飯が食べられますように!

URL | れいこ #RqWBMyRA
2011/11/07 00:04 * 編集 *

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。

いやはや、ポケットサイズのかわいいこの本からは、いろいろなことを考えさせられました。
手作り食というと、ワンコの健康のためという観点から少しは興味があったんだけど、
面倒くさがりやの私にはハードル高しと思ってました。
それが、ワンコを喜ばせるためという考えで、サプライズのご馳走となると、
ハードルがぐぐっと下がるだけでなく、作る方もワクワクしそうです。

と、過去形で書けないのは、忙しくて心の余裕がなく、まだレシピを試してないから
なんですけど(大汗)、作ってみた日には、ここで発表したいと思います。

この本のおかげで、幸せなワンコが増えますように!

ありがとう、れいこさん!

URL | izumi #-
2011/11/07 08:15 * 編集 *

すごいね

実家のハップも「うん、これはうまい」とか、「またこれぇ?」とか、そんな表情をはっきりさせてたなぁ・・と、遠い記憶がよみがえって来ました。
作ったらアップしてね。

なんだか、人間の食事より優先され、最終的には人間食よりグレードアップ、となる気が・・・・

URL | YUKO #.Q3ufUs6
2011/11/07 15:27 * 編集 *

わんこさんに喜んでもらうための食事の本ってとっても素敵ですね☆
あ~私もももえちゃんが若いころにこういう素晴らしい本にめぐり会いたかったです。
izumiさんもわんこさんたちの喜ぶ顔を想像しながらお料理を作る楽しみが増えましたね。

↓のブラッキーさん、ほかほかの毛布の中にいるみたいですね。仲良しです^_^

URL | ももっち #-
2011/11/08 08:41 * 編集 *

コメントありがとうございます。

YUKOさん、コメントありがとう。

確かにそういう表情あるね。
ま、我が家の場合、ちょっと違うものをあげると、がっついて、その後はビュンビュン
しっぽを振って、「おかわり、おかわり~」って感じだけどね。
ハップって名前だったのか。かわいいなぁ。

> なんだか、人間の食事より優先され、最終的には人間食よりグレードアップ、となる気が・・・・
よく私のことわかってるなー(笑)。

URL | izumi #-
2011/11/08 11:02 * 編集 *

コメントありがとうございます。

ももっちさん、コメントありがとうございます。

はい、私も、喜んでもらうためっていうアプローチが、とてもいいなぁと思いました。
そして、毎日ももっちさんが時間をかけてあげてるのが、ももえちゃんにとっての
最高のご馳走なんだと思いますよ!

実のところ、私は人間のご飯作りが苦手な方です。
でも、上で実際に私を知っているYUKOさんが書いているように、わんこ相手だと
スイッチが入る予感が…(笑)。

マロは思いっきり換毛期のようですから、ホント、ブラッキーはほかほかでしょうね(笑)。

URL | izumi #-
2011/11/08 11:12 * 編集 *

ほほ~。

そんな楽しそうな本があるんですね~。
残念ながら、ワンコ三人衆に読めても、私には読めそうにありません、、。
だって、横文字が見えるんですもの、、くすん。
コテツも今はオジヤにハマっていますし、犬もグルメなんですね。
ビーちゃん、ピウイさん、ロスさん、が期待している顔をしていますよ~。

URL | tochiku11 #-
2011/11/12 13:40 * 編集 *

コメントありがとうございます。

tochiku11さん、コメントありがとうございます。

ワンコ三人衆!!この表現、非常に気に入りました。
これから使わせていただきます(笑)。

我が家のワンコ三人衆は、バイリンガルかもしれませんが、
どちらもいい加減にしかわかっていない可能性が大でございます(笑)。

コテツさんのおじやの話を読んで、そうそう、おじやはおいしいもんなぁと
思っていました。
ちゃんとワンコもおいしいものはよーくわかっていますね。

URL | izumi #-
2011/11/12 18:09 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://inunominasan.blog.fc2.com/tb.php/42-0a06f164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。