Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

夜鳴き 

白い子犬は、当時娘が毎日何度も見ていたベネッセの子供向けビデオから、ビーちゃんと命名。あの頃の娘の思考回路では、「犬」と「ビーちゃん」は同義語だったようで、犬の名前なら当然「ビーちゃん」だろ、という感じでした。実際には、ビデオの犬がビーグル犬だっただけのことなんですけどね。

というわけで、我が家では「ビー」という犬を「ちゃん」付けで呼ぶのではなく、「ビーちゃん」までが名前という認識です。って、どうでもいいか(笑)。


びーちゃん2

さて、このビーちゃん、うちに着いたばかりの時は、娘とタオルの引っ張り合いっこなどして元気に遊んでいたんですが、夜になると、母犬や兄弟犬が恋しくなったのか、クーンクーンと夜鳴きを始めました。

哀れさと、こりゃ寝られんという思いで、私は布団を移動して、別の部屋にいるビーちゃんに添い寝をすることにしました。これは今から考えると、夜鳴きをパワーアップさせる危険性があったのでしょうが、あの頃の私たちは、まだ犬のことがよくわかっていませんでした。

鳴いたら膝に乗せて背中をとんとんを繰り返し、朝になりました。実はうちの娘は抱き癖がついた状態で生まれて来たかのような、本当にずっと抱っこしていないと寝ない子供でした。ビーちゃんを膝に乗せながら、またあの悪夢の日々かよ~、と暗い気持ちになりました。

そして、翌日の夜。今晩も鳴くんだろうなぁ、まぁ鳴いたら布団を移動するか、と思って寝たのですが、いつになっても鳴き声がしません。逆に気になって見に行くと、すーすー寝ているではありませんか。「お呼びでない」と超古いギャグをつぶやきながら、ホッと一息、そして少し寂しいワタクシでした。


なんだかつまらない。

カテゴリ: ビーちゃん

この記事に対するコメント:

今のしつけの本には全く逆のことが書かれていますよね、完全無視しろと。
んでもこのころの子犬って新しい環境で寂しいだけなんですよね。
だから安心感を与えればぐっすり眠ってくれるんですよねえ。
小春の小さい頃もそうでしたから。
ちょうどこのころかな
http://blog.livedoor.jp/kohalni3/archives/50233673.html#comments

URL | こはる兄 #-
2011/06/02 15:16 * 編集 *

Re: タイトルなし

こはる兄さん:なるほど、安心感があればぐっすり眠ってくれるんですね。
小春さんもそうでしたか。この頃の小春さんもかわいーですね!

ビーちゃんは2日目にはあっさり静かに寝てくれたので、親兄弟のことはもういいんかい?
などとも思っておりました(笑)。

URL | izumi #-
2011/06/02 17:45 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://inunominasan.blog.fc2.com/tb.php/4-4bb3d14d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。