Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

宇宙へ飛び立った犬 

ノミ大発生地帯を逃れ、違う散歩ルートにしてから2週間ほどたちました。
朝8時頃から歩き出すのですが、時々遠くに気球が見えます。
観光なのか、超お金持ちが気球でお散歩なのか、調べてみたところ、夜明けとともに、観光客相手のバルーンツアーなるものが行なわれているのがわかりました。

面白そうだなぁ、でもちょっと怖いなぁなどと思いつつ、「そのうちこっちへ来て、乗せていかれるぞ~」と老犬3匹に言う私。当然のことながら、わんこたちは知らぬ顔で散歩を続けていますが、気球に乗る犬のイメージから、ライカという犬のことを思い出しました。

ご存じの方も多いと思いますが、ライカは1957年に旧ソ連のスプートニク2号に乗せられて、初めて地球軌道を周回したとされる犬です。
この犬について、スペインのメカノというグループが、とても美しい曲を作っています。



ちょっと歌詞を要約してみましょう。
どこにでもいるような雌犬ライカが、初の宇宙飛行士として世界的なスターになった。ロケットから届いたライカの声に、管制塔の人々が大喜びする一方で、ライカは窓から地球を眺め、あの色つきのボールはなんだろう、ここで自分は何をしてるんだろうと思う。そしてある夜、新しい光が空に現れる。地上から1匹犬が姿を消し、空には星が1つ増えた。

ライカは生きて地球に戻ることはありませんでした。大気圏再突入できない設計だったので、もともと片道だけの旅だったのです。地球外にひとりぼっちのライカ。とてつもない孤独を思わせます。

ライカの最期については、10日後に毒入りの餌を食べて安楽死したとされていましたが、打ち上げ45年後になって初めて、高温とストレスで数時間後に死んでいたという話が発表されました。

なんとも過酷な運命を背負わされたライカですが、今でも世界中で多くの人々が、この宇宙犬のことを忘れずにいるのが、せめてもの慰めかと思います。

朝の散歩の気球から、とんでもなく大きな話に飛んでしまいました。
ライカに合掌。そして、1匹でも多くの犬たちが、平凡な幸せの中、毎日を過ごしていますように。

カテゴリ: 歴史的わんこ

この記事に対するコメント:

ライカの事を詳しくは知らなかったのですが、何てかわいそうな話なんだろう、、と思ってしまいました。
どれだけ不安で怖かったのかを思うといたたまれません。
世の中にはほんとに「運が悪かった」としかいいようがない事故や、出来事があります。
ライカは「運悪く」選ばれてしまった。。
世界中で有名になるより、平凡でいいから人に左右されずに命を全うしてほしいですね。
izumiさんのように、私もライカの事を忘れないようにしたいと思います。

URL | tochiku11 #-
2011/09/01 16:37 * 編集 *

コメントありがとうございます。

Tochiku11さん、コメントありがとうございます。

私もあまり知らなかったんですが、娘の学校の自由研究でいろいろ知りました。
わんこたちと暮らす者にとって、ライカの話は辛すぎますね。
世の中には自分ではどうしようもないことがたくさんありますが、せめて、縁あって毎日一緒に過ごすようになったわんこたちには、できるだけのんびりした毎日を送れるようにしてあげたいですねぇ。

URL | izumi #-
2011/09/02 22:15 * 編集 *

ライカのこと初めて知りました。メカノの詩が、またまたぐっときますね。ワンちゃんの側に立って歌う歌詞ってあまりないように思います。だからこそ響きますね。

そして私も『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』は、当時大すきな映画でした!!(でも、ライカのセリフは記憶にないのですが…)確かスウェーデンの映画でしたね。あれ以来、ヨーロッパの子どもが登場する映画を見るようになったような気がします。ちなみに私のおススメは『リトルダンサー』です♪

すいません、話が脱線しました。
それでは、また~。

URL | そらまる #-
2011/09/09 19:01 * 編集 *

コメントありがとうございます。

そらまるさん、コメントありがとうございます。

はい、メカノの詩、いいですねぇ。そして、独特のボーカルの声がぴったりです。

『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』、そらまるさんもお気に入りでしたか!
私は見たはずなのに記憶が怪しいので、近いうちになんとか見てみたいと思っています。
そして、『リトルダンサー』!これは私も大のお気に入りです。DVDも持ってます。
なぜかこの映画、スペイン人に受けがいいようで、テレビでよく放送してます。
そしてそのたびに見て、やっぱりいい映画だなぁと繰り返し思っています。
他にもお勧めがありましたら、ぜひぜひ教えてくださいね!

URL | izumi #-
2011/09/10 21:18 * 編集 *

私は、ライカのことを想う度に泣いてしまいます。
とてつもない空間の中のとてつもない孤独。
どんなに心細かっただろうと思うと、美化して考えることもできません。
せめて、自分と関わりのある動物たちに優しくしよう、そう思います。

URL | れいこ #RqWBMyRA
2011/09/15 19:48 * 編集 *

コメントありがとうございます。

れいこさん、コメントありがとうございます。

「ライカのことを想う度に泣いてしまう」「美化して考えることもできません」
というのを読んで、胸がぎゅっとしました。
私は泣くところまではいきませんが、なんというか、精神状態がヤバくなりそうなので、
ライカのことを考える時には、無理矢理途中でストップをかけます。

保健所で殺処分になる犬や猫のことも、同じです。
でも、それでいいのかという気持ちもすごくあって、葛藤も感じます。
何かできることはないかと考え、れいこさんと同じように、せめてうちにいるわんこたちは
幸せに過ごせるようにしよう、というところに行き着きます。

他にできることはあるはずという思いも、ずっと頭の中でぐるぐるしていますけどね…。

URL | izumi #-
2011/09/16 08:16 * 編集 *

私が誰かわかりますか?

いきなりびっくりさせてごめんなさいね。私よ、バルセロナの。
わからない?ヒントは「今週は携帯当番」あ、これは実話よ。くすん。

http://www.youtube.com/watch?v=BDMtl7QCwgU

これ、今日Twitterで知ったのですが、孫さん、これはないよ。。。

URL | quema子 #-
2011/11/23 01:00 * 編集 *

コメントありがとうございます。

quema子さん、コメントありがとうございます。
わかります、わかりますよー!いらっしゃーい!
携帯当番お疲れ様でございます。

このCM、なんという偶然、ワタクシも一昨日初めて見たところでした。
無重力状態でくるくる回る古川さんを、はははと思いながら見てて、
あの一言で固まった。

改めてライカに合掌。

URL | izumi #-
2011/11/23 08:40 * 編集 *

わかってくれてquema子カンゲキ!

私実はメカノって苦手。でもこの曲の歌詞は実に印象に残ってるの。大昔11月のある夕方、日光のいろは坂を運転してたの、友達(女・日本人・西語仏語話す。そして運転免許無し!)乗せて。もう路面が凍りかけててしかもレンタカーで、怖いったらなかった。事故ったら転落だって思って。その緊張は隣の友人にも伝わったらしく、私をリラックスさせるため(だったらしい。後で言ってた)、この曲の歌詞を延々説明してくれたのです。こっちはもう運転必死で頼むから黙っててくれと言いたいのを堪えて。。。

って事で、歌詞そのものはもとより、この歌詞を知ったシチュエーションもまた忘れがたい。。。

URL | quema子 #-
2011/11/24 00:49 * 編集 *

コメントありがとうございます。

quema子さん、再度のコメントありがとうございます。

最初はquema子でピンと来なかったんだけど、すぐに
なるほどー(笑)。

いや~、すごい話だねぇ。そんな怖い状況であの歌詞の
説明か~。そりゃ、歌詞も状況も忘れられないわ。
無事で良かった(笑)。

やっぱquema子さんの語りは面白いなぁ。
またちょこちょこ遊びにきてくださいな。

URL | izumi #-
2011/11/24 14:00 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://inunominasan.blog.fc2.com/tb.php/31-b60d0335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。