Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

虹の橋へ 

ビーちゃんが知らない私たちの暮らしが、1日1日と増えていくことに大きな違和感を覚えながら過ごしている毎日です。

少し時間がたってしまいましたが、ビーちゃんの姿がこの世からなくなった時のことを書こうと思います。

獣医さんの診察台の上で旅立ったビーちゃん。その後について説明を受け、個別に火葬してくれる民間の施設にお願いすることにしました。施設の人が直接獣医さんに迎えに来るとのことで、家へもう一度連れて帰りたかったなという気持ちはあったものの、その場でお別れして家へ戻りました。

義母が亡くなった時、お通夜がないことに(以前はそういう習慣があったそうですが、現在では行わないことが多いそうです)とてもショックを受けましたが、今回も同じ気持ちを味わいました。

荼毘に付すのは翌日10時半とのことでした。島中央部にある景色のきれいな施設へ、ダンナと2人で出かけました。そこで会うことができたビーちゃんは、まるで寝ているかのようで、なんだかふわふわしていて、見た瞬間、悲しみよりも「かわいい!」と思いました。目を開けたまま旅立ったのですが、片方の目が閉じていました。

Son Batlet

ビーちゃん7月5日

「火葬炉に入れるところを見ますか」と尋ねられ、ダンナは断り、私1人で見せてもらいました。ビーちゃんが旅立った日に日本の妹と話した時には、とにかく涙々だったのですが、この施設で穏やかに眠っているようなビーちゃんの姿を見た後、少し気持ちが楽になり、炉の扉が閉じられるのを落ち着いた気持ちで見届けることができました。

施設を運営している女性から、「日本人だとうかがいましたが、以前にも日本人の飼い主さんがいらしたことがあります。その方は遺灰ではなく遺骨の状態での受け取りを希望されましたが、あなたはどうされますか」と尋ねられました。正直言って何も考えていなかった私ですが、その日本の方の遺骨がほしいという気持ちはわかる気がすると思いつつ、「うちは遺灰で結構です」と答えました。

ビーちゃんは遺灰になって、私たちの元に戻ってきました。両手におさまる大きさとその重さに、全然実感がわきません。今では、思うように動かなくなっていた体から解放されて、私たちの見えない世界で自由に走り回っているでしょうから、手元にあるこの遺灰は抜け殻のようなものだと思います。

この時期に花が咲く植物を買って、その植木鉢の土に遺灰を混ぜよう。それから、日本へも持ち帰って、思い出の場所に散灰できたらいいな。そんな風に考えていますが、まだしばらくはこのままにしておくでしょう。

遺灰には、施設からの手紙が添えられていました。
「大切な仲間、ビーのご遺灰をお渡しします。私どもの施設をご利用いただいたのは、あなた方の関係が特別なものであったからだとお察しします」
名前だけを変えて飼い主すべてに渡されているであろう手紙なのに、上の文章を読んで涙が出ました。


温かい言葉をかけてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。


ビーちゃん3月16日

スポンサーサイト

カテゴリ: ビーちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。