Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

ビーちゃんについて(長文) 

ビン・ラディンという名の犬の話を書こうと思いながら、更新をさぼっているうちに、ビーちゃんの様子が急激に悪化してきたので、気持ちを落ち着かせるため、そして、まだここに一緒にいてくれるビーちゃんのことを書き留めておくために、パソコンに向かっています。

今年17歳になったビーちゃんは、3ワンコの中で一番心臓がしっかりしている、かくしゃくとしたオババ犬でした。引越しが老化スピードアップのボタンを押してしまったようで、中庭を徘徊したり、雨の中でも外で寝たりといった行動が見られるようになった他、散歩距離もあっという間に短くなっていきました。

一度膀胱炎になり、獣医さんへ連れて行ったところ、肝臓に怪しい影が見つかりましたが、年齢を考えると、とてもじゃないけど全身麻酔の手術など選択できず、積極的な治療はせずに様子を見ることにしました。

頼りない足取りながらも、毎日散歩に出られるビーちゃんのことを、私は自慢に思っていました。でも、愛犬家横丁ですれ違う人たちの反応は、私が期待していたものとは違いました。ほとんどの人が、「かわいそう」と言うのです。中でも1人、「もうあの世に行かせてあげた方がいい」と毎日のように言ってくる女性がいました。ある本で、キリスト教の世界では、人間と人間以外の動物の間にはっきりとした線引きがあるけれど、仏教では同じ動物という感覚、というような事が書いてあるのを読んだことがあります。キリスト教の文化では、人間が動物を管理し、その生活の質を考えて、安楽死も厭わないと。スペインに住んで12年になり、たいていのことには驚かなくなった私も、全然わかり合えない!と、改めて文化の違いを痛感することになりました。

その女性は、ビーちゃんがスタスタ歩く時には一緒に喜んでくれ、意地悪で言っているわけではないのはよくわかりましたから、毎日のように、「あの世行きに~!」「何を言っとる!まだまだ、この世じゃ。ははは!」などというやり取りでかわしてきました。

そんな中、3月下旬から3週間ほど日本に里帰りすることにした私は、獣医さんに出かけ、「日本では老犬介護をしている人は大勢いて、ワンコが苦しんでいない限り、私は安楽死は考えられない。留守中にビーちゃんに何かあっても、絶対安楽死だけはしてくれるな」とお願いしてきました。日本から戻って、まだまだ元気なビーちゃんを見て、本当にほっとしたものです。

毎朝の散歩が辛くなり、ここ数週間は夜10時頃に近くの野原で少しだけ歩かせることにしていました。今の家の中庭はタイル貼りなので、土を踏んで草や花の匂いをかいでほしかったのです。一時は走らんばかりの足さばきで、まだまだ大丈夫だと思っていました。

6月30日3ワンコ
・4日前の3ワンコ

それが、数日前から外に出たがらなくなり、昨夜には、立ち上がることができずに鳴くようになりました。近所迷惑になると思い、中庭から私のベッドの横に移し、様子を見ました。ほぼ1時間おきに鳴き、息が荒くなり、最後には大きな声で吠えるようになりました。それでも、立たせてちょっと歩かせ、体をさすっていると、静かな寝息を立てるようになります。

背中を撫でながら、ビーちゃんが我が家に来たその日の夜、母犬や兄弟犬が恋しいのかキュンキュン鳴くビーちゃんを、そのたびに抱っこしてなだめたなぁと思い出し、これまで一緒に過ごしてきた年月のことを考えていました。

朝6時にビーちゃんが鳴いた時、空が薄明るくなっているのを見て、ビーちゃんの状態は変わっていないのに、夜から朝になったというその事だけで、気持ちがかなり楽になりました。

今、ビーちゃんは中庭で静かに横になっています。獣医さんに連絡しようかと思いながら、2,3分おきに息をしているのを確かめています。まだまだ一緒にいてほしい。でも、残された時間がわずかなら、それが穏やかなものであってほしいと祈るような気持ちです。「なんや~、すごい心配したわ」と言えるように、奇跡的な回復を見せてくれるといいのですが。

7月3日ビーちゃん
・昨夜のビーちゃん

スポンサーサイト

カテゴリ: ビーちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。