Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

老犬三人衆の街デビュー 

集合住宅や一戸建てが並ぶ300メートルほどのこの通り。老犬3人衆ドキドキの街デビュー初日から、ひょっとしてここは愛犬家率高し?と思わせる人たちに出くわします。

一人目は一軒先の家から出てきた、キツネ色の小さい犬を連れた女の人です。わんこはロスと同じマジョルカの犬種ラテロのようです。
「この子、この辺をうろついてたのよ。飼い主が見つかるまで預かろうと思ってるんだ。私はパキ。何か困ったことがあったら、遠慮なく声かけてね」

お次は隣町から散歩に来ているという男性。黒い中型犬を連れています。
「保護施設にいたんだよ。大きくならないって聞いてたのに、こんなに大きくなっちまって。マンション暮らしでは大変なんだけど、情がわいちゃってさ」

またしばらく行くと、「お散歩か~い?」とワントーン高い声で近づいてくるセミロングヘアの男性。

みんな、自分の手を老犬たちにかがせてから、なでてくれます。田舎の村では感じることのなかったウエルカムな雰囲気に、大きく戸惑いながらも、なんかいい感じ~と嬉しくなります。

翌日は、ヨークシャーテリア(たぶん)を連れている東洋人顔の女性に会いました。「あんた何人?」と聞かれて、「日本人。で、あんたは?」ってな調子で聞くと、「ロシア人」だと。その東洋顔でかぃ?と思ったものの、シベリア出身だと聞いて大きく納得&急にわいてくる親近感(笑)。なんでも、故郷近くの男性が日本に行って相撲取りになったとかで、しばらく立ち話をしました。
「ここ住みやすいよ。この通りが特にいい」と言った彼女の言葉を、私たちもすぐに実感できるようになりました。

同じ日、「自分の犬にビン・ラディンって名前つけてるじいさんがいる」とダンナから聞き、どんな犬なのか、どんなじいさんなのか、会ってみたくてたまらなくなりました。この名物じいさんや、その他まだまだたくさんいる愛犬家のことは、次回以降に書いていこうと思います。ちゃんと更新しなきゃな。

ピウイ20130525
ロス20130525
・ピウイとロスはドッグランっていうか野原。

ビーちゃん20130318
・ビーちゃんは近くの空き地。水たまりに直行。



スポンサーサイト

カテゴリ: 犬の日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。