Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

引越し 

すっかり更新をさぼってしまいましたが、心機一転、サブタイトル「マジョルカ島の愛犬家横丁から」を加えて、ブログを再開することにしました。
これからもよろしくお付き合いいただければ幸いです。

ひっつき虫(ビーちゃん、ピウイ)
●ひっつき虫(ビーちゃん&ピウイバージョン)

昨年10月に田舎からちょい都会に引越しした私たち。人間の生活も犬の生活も大きく変わりました。
前に住んでいたのは典型的なマジョルカの村の家。隣接した土地も同じ家主さんのものだったので、2軒分の庭がありました。老犬3人衆はそれぞれ好きな所で寝転がったり、走ったり、道行く犬に吠えたり、地面を掘ったり、といった具合にのんびり過ごしておりました。

今度の家はマンションの1階。中庭はあるものの、タイル貼りで土がありません。家自体は気に入りましたが、最後の最後まで、土がないことが気になって仕方ありませんでした。

引越し当日、老犬たちを車に乗せ、「さぁ、新しいおうちへ出発!」とアクセルを踏んだところ、漂ってきたまさかの匂い…。ビーちゃんでした。それまで車で粗相をしたことがなかったので、かなりショックを受けながら、ビニールシート敷いてて良かったと片付けを済ませ、新しい家へ向かいました。

当然のことながら、人間は引越しするのがわかっているし、少しずつ荷物も運んでいたので、ある程度家に慣れてきていましたが、老犬たちにしてみたら、ここどこ?いつ家に帰るの?状態です。用を足したくてもどこにしていいのかわからないようで、うろうろしています。あ~、木がないのが良くないなぁ。土がないのが良くないなぁ。老犬にこの生活の変化はまずかったなぁ。と後悔はしたものの、そのうち慣れるだろうとも思っていました。結果的には、この引越しがビーちゃんのボケのスイッチを入れてしまった気がします。ビーちゃん、すまない。本当にすまない。

雨が降っているのに外で寝ているビーちゃんの姿を見た時には、胃の辺りがきゅっとしました。
でも、この家、老犬にとっていい事もいろいろあるのがわかりました。私たちが住み始めたのは、きっとマジョルカ島でも一、二を争うであろう愛犬家横丁だったのです。

ひっつき虫(ピウイ、ロス)
●ひっつき虫(ピウイ・ロスバージョン)


スポンサーサイト

カテゴリ: 犬の日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。