Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

大晦日 

スペインは日本より8時間遅れて新年を迎えます。ダンナと私はマジョルカ島在住の日本人友人のお宅にお邪魔して、素晴らしい和食をご馳走になりながら、衛星放送で紅白を見るという、誠にありがたい大晦日を過ごします。娘は彼氏宅。日本とは逆で、クリスマスは家族で、大晦日は友人と過ごすことが多いスペインです。

Lloret.jpg
・散歩道から見える私が住んでいる村です。

散歩道1
・散歩道の風景

今年はブログを始めて、新しいお付き合いが始まりました。
ゆっくり気まぐれな更新なのにご訪問くださった皆さま、どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

散歩1

散歩2
・ご覧の通り、朝日の中、3匹元気に散歩しています。

★どうぞ「祈りの輪」にご参加ください。詳しくは昨日のブログをご覧ください。


スポンサーサイト

カテゴリ: その他

まだまだクリスマース! 

日本は大掃除など、「早く来い来いお正月」モードまっただ中かと思いますが、スペインはまだまだクリスマス。私は昨日が仕事納めでした。と言っても、今年は31日、1日が週末なので、来週月曜が初仕事になってしまいます。子供は別として、スペインでは1月2日はごく普通の日なのであります。毎年のことですが、年末年始は日本で過ごしたいなぁと、またもや思っている今日この頃です。

Xmas 飾り
・マジョルカでは教会や家庭にこんな切り絵を飾ります。
 切り絵好きの私には嬉しいクリスマスの習慣です。
 ちなみにこれは買ったものです。

我が家のわんこ三人衆はみんな元気です。前にも書いたように、ビーちゃんはゆっくり歩く時もあれば、この調子だと大丈夫だろうとリードをはずすと、いきなり走り出すこともあり、ダンナは、「人間と同じで、構ってほしくて、わざと歩きにくそうにするんじゃないか」などと言ってます。実は、今年亡くなった義母が、そういう人だったんですけどね(笑)。

昨日の散歩前、着替えに2階に上がったところ、いつもはロスだけが一緒に階段をのぼってくるのに(時々ピウイものぼります)、とても珍しいことに、ビーちゃんまで一緒に来ました。おーっ、まだのぼれるのか!と嬉しくなりましたが、下りは大丈夫か?と心配にも。しかし、最後の1段を踏み外しそうになった以外は、しっかりすごい勢いで下りていきました。まだまだやるな~。老犬力を垣間見た気がいたしました。

インフルエンザが流行しているようです。年の瀬、皆さまお体に気をつけてお過ごしください。

親子でハートマーク?
・ビーちゃんの後ろ脚がもう少し下がれば、親子でハートマークなのですが…。

末尾になってしまいましたが、いつも愛読しているカリフォルニアのばあさんブログに、「地球を巡る祈りの輪」へのお誘いが掲載されていました。呼びかけをしている
中央大学名誉教授の田中拓男さんのメッセージを転載します。私もスペインから祈りの輪に加わりたいと思います。

「地球を巡る祈りの輪」へお誘い

 みなさん、「地球を巡る祈りの輪」に参加していただけないでしょうか。大晦日、2011年が終わる時刻に、大震災で亡くなられた人々、特に子供たちに追悼の祈りを捧げていただきたいのです。各国それぞれ、23時45分から、カウントダウンが始まる直前の23時50分までの5分の間に、ほんの少しの時間でもよい、大震災と犠牲者(児童)のことを想って心の中で追悼の祈りを捧げて欲しいのです。地球上の各国でカウントダウンに時差がありますので、多くの人々の追悼の祈りは、地球を巡って大きな輪になります。この世を去った子供たちも、地球上を巡る大きな祈りの輪に気づいてきっと慰められるでしょう。

 「亡くなられた人々」
 過ぎ行く今年は、千年に1度の大津波の中で多くの人々が波にさらわれて行きました。東北で約2万人、宮城県だけでも行方不明者を含めて11,455人という恐ろしい数の犠牲者が出ました。宮城県全体の公立学校では、362人(教職員12人)、うち石巻市では182人(教職員12人)、東松島市33人、名取市24人と、一挙に多くの幼い命が消えて行きました。

 「私の追悼の言葉」
 津波にさらわれ苦しみの中で亡くなった幼い命、その子たちを救おうと懸命に努力しながら力絶えた先生、その無念と悲しみを想うと胸が痛くなります。さらに、愛する人の死を悼むご父兄/ご家族/先生の深い悲しみ、心の傷は、決して簡単に癒せぬものと思います。せめて私のできることは、児童と先生の亡き魂を鎮魂し、永遠の安らかな眠りを祈ること。この子たちがこの世に生きて短いながらもそれぞれ愛する家族とともに幸せで楽しい人生を送っていたこと、そして、この貴重な人生が突然の大津波の襲来で断たれたこと、それをいつまでも心深く記憶に残し、忘れないようにしたいと思います。今年の終わる直前の短い時間、亡き児童への追悼の祈りを捧げ、新しい年に、与えられた命を大切にしながらお互いに慈愛と思いやりの心で助け合っていきたいものです。

 ご協力ありがとうございます。皆様のご健勝を祈念します。
プロジェクト代表 中央大学名誉教授 田中拓男

お祈りの時刻は今貴方様が住んでいらっしゃる現地時間で12月31日23:45~23:50 、5分間のお祈りです。

カテゴリ: 犬の日々

メリー・クリスマス! 

日本の皆さんはホワイトクリスマスを楽しんでいる方も多いと思いますが、こちらは暖かい1日のようです。今の気温は17度。一昨日は日中22度まで上がりました。

ピウイとロス 二匹でぬくぬく
・ピウイとロス 二匹でぬくぬく

我が家のわんこたちは、みんな元気にしています。
足の調子が悪かったビーちゃんも、時々右の脚をかばうような歩き方をするけど、ちゃんと散歩にも出かけています。
不思議なことに、行きはゆっくりなのに、帰りになると引っ張るのなんのって。早足にならないと追いつかないぐらいです。朝日がまぶしいのかもと思ったのですが、他の時間に出かけても同じ様子なので、大きな謎です。

我が家のクリスマスは、今日明日と娘の彼氏が来ており、主にダンナが料理。でも、娘の彼氏から天ぷらをリクエストされているので、明日は私も頑張る予定です。

日本はクリスマスが終わると、すぐにお正月を迎えるモードに変わりますが、こちらは1月6日までクリスマスが続きます。

風邪などひかぬよう暖かくしてお過ごしください!

ビーちゃんとピウイ 親子ぬくぬく
・親子でぬくぬく

カテゴリ: その他

大丈夫そうです。 

12月8日ビーちゃん1

パソコンに向かう私の横に、「何してんの~?」ってな顔をして、ビーちゃんがいます。
ご心配おかけしました。どうやら大丈夫そうです。
朝、散歩に出かける時など、喜んでジャンプまでしているので、一安心です。

ただ、冷たいところで寝るのが好きなようで、ちょっと目を離すと、ひんやりしたタイルの上にごろっと寝転がっています。そして、やっぱりその後は、ちょっと右の前脚をかばうような歩き方をします。

12月8日ビーちゃん2

いろいろネットの情報を見ると、やはり老犬に冷えは大敵のようです。人間同様、わんこたちも暖かくしてあげなければ。我が家では、基本的にわんこに服は着せませんが、久しぶりに編み棒を持って、セーターを作ろうかと思っています。

老犬との合宿は昨日で3日目になりました。ビーちゃんが心配で始めましたが、すーすー寝息をたてたり、夢を見て小さく吠えたりするわんこたちと同じ部屋で寝るのは楽しいので、もう少し続けてみます。

おまけ:ダンナがロスの散歩中に財布の落とし物を見つけました。持ち主の連絡先がわかったので電話をかけて、取りに来てもらったところ、こーんなお礼をいただきました。
マジョルカでよく作られるアーモンドケーキです。
ケーキが気になって仕方がないビーちゃんも、こっそり写っています。
12月8日ビーちゃん3



カテゴリ: ビーちゃん

ビーちゃんの脚の不調 

昨夜仕事から帰ると、家に先に戻っていた娘が、「ビーちゃんの脚がちゃんと動かない」と。急いで様子を見ると、右の前脚と後ろ脚に力が入らないようで、立ち上がれずバタンと倒れてしまいます。

「3年前の悪夢再び」と思いました。というのも、3年前のちょうど今ごろ、ピウイがある日急に四肢麻痺になり、数ヶ月介護生活を送ったことがあるからです。その時のことはまた機会を改めて書きますが、その経験があるので、まずはビーちゃんをつま先立ちにさせてみました。すぐに反射的に肉球側に足を返したので、麻痺しているわけではなさそうです。とりあえず脚のマッサージをしてみると、立ち上がって、右の前脚をかばいながらも、歩き始めました。庭との段差もなんとかクリアして、排泄もできています。今日が祝日ということもあり、獣医さんには連れていかず、様子を見ることにしました。

マジョルカの冬は湿度が高く、乾燥した寒さと違って、どれだけ着込んでも骨にしみ入ってくるようだとよく言われます。こういう寒さはきっと犬にもよくないんじゃないかぁ。そこで、昨夜はガレージではなく居間で寝かせることにして、他の2匹も合宿、私はソファに横になりました。ビーちゃんは特に問題もなく5時頃まで眠った後、起き上がって庭に排泄に出かけ、他の2匹も一緒に室内に戻らずガレージへ行ってしまいました。

今朝は最初の立ち上がりだけは手伝ったものの、後は若干ぐらつきながらも歩き回り、散歩にも出ることができました。「頑張り屋さんやなぁ」と思わず声をかけたくなる姿でした。昨夜よりずっといい状態になっているので、引き続きマッサージをして、今夜も室内合宿で様子を見たいと思います。

・ロスからのキス(?)を冷めた目で受止めるビーちゃん(今日の写真ではありません)。
ロスからのキスを冷めた目で受けるビーちゃん

カテゴリ: ビーちゃん

コテツさんの旅立ち 

大好きなブログ『本日もコテツ日和なり。』のコテツさんが、12月1日に旅立ってしまいました。17歳でした。

ある日偶然見つけたコテツさんのブログ。
コテツさんのかわいさ+飼い主のtochiku11さんの文章や絵がとてもいい感じで、すっかりファンになって更新を楽しみにしてきました。老犬の深みと味のあるかわいさってたまらないなぁと、コテツさんの優しい顔を見ながら、何度も思ったものです。

コテツさんは10月中旬に食欲をなくし、血液検査の結果が良くなくて補液を始めていましたが、その後のブログでは穏やかな毎日の様子が描かれていて、すっかり元気になったものと思っていました。でも、訃報を読んで、補液を始めた時にお医者さんから、「このまま何もしないと2週間、いつ倒れてもおかしくない状況」だと言われていたことがわかり、tochiku11さんとコテツさんのほんわかした毎日が、1日1日とても重みのあるものだったんだと今になって気づきました。

コテツさんは寝込むことなく、突然倒れて旅立ってしまったそうです。
でも、tochiku11さんに大事にしてもらい、最期も見とってもらって、とても幸せなわんこだったと思います。この世では会えなかったけど、いつかどこかでコテツさんに会って、リンゴ好きのコテツさんにたくさんリンゴをプレゼントしたい。

コテツさんのご冥福を心からお祈りします。
そして、tochiku11さんの寂しさが、時の薬で少しずつ癒されますように。

a0003_000034.jpg



カテゴリ: 犬友

働くわんこ 

またまた久々の更新になってしまいました(汗)。ご訪問ありがとうございます。

突然ですが、これ、何の写真かわかりますか?

Salamanca1.jpg

25年ほど前に、スペインのサラマンカという街で撮ったものです。ある日、部屋で学校の宿題などやっていると、カランコロンカランコロンカランコロンカランコロン
何じゃ?と思って外を見ると、こういうことになってました。羊の大移動です。
大渋滞を起こしながら、羊がゆっくり進んでいく様子は、見ていて飽きませんでした。

Salamanca2.jpg

スペインに住むようになって、羊は急に身近な動物になりました。我が家のわんこ三人衆の散歩道にも放牧地があって、のんびり草を食んでいます。上の写真のように大規模ではありませんが、羊の移動に出くわすこともあります。

というわけで、日本では言葉としてしか知らなかった「羊飼い」を、実際に目にするようになりました。羊飼いには犬が一緒にいます。スペインのいくつかの地方では牧羊犬競技会が開かれていて、その様子をテレビで初めて見た時には、わんこの賢さに感動したものです。Youtubeで見つけた動画をご紹介しておきます。羊飼いの声や口笛に従って、羊を移動させます。




我が家のわんこ三人衆は、羊を見つけると、大騒ぎになります。この賢いわんことは違って、狩猟モードに入るので、カランコロンが聞こえると、散歩道をUターンです。


・ロスを足蹴(足枕)にして眠るピウイ
ピウイとロス 二匹でぬくぬく2

カテゴリ: その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。