Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

7月 


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※   
※ チゲの旅立ちに際してコメントを下さった皆様、どうもありがとうございました。※
※ 実家の両親もこのブログを読んで、とても感謝しています。          ※

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  

もう今年も半分終わりましたね。早いなぁ。
去年の今ごろは、日本への里帰りを前にワクワクしていました。
娘と私は2年に1度、スペインの長すぎる夏休み(約3ヶ月)を利用して、2ヶ月ほど実家へ帰ります。

マジョルカにいる3匹はダンナ任せ。

井戸端会議

日本に戻ると、実家の犬に会えるのも楽しみの1つです。
この間旅立ったチゲにはマロという娘がいて、空港から実家へたどり着くと、まずこの2匹に挨拶です。
「久しぶりに来たよ~。元気やった?またしばらくおるからね」

自分の国だし、バカンス中ということもあるのでしょうが、この2年に1度の里帰りは本当に楽しい。極楽です。「里帰りするためにスペインで頑張っている」と言っても過言ではなく、「じゃ、最初っから日本に住めば」と娘に突っ込みを入れられます。ま、確かにそうだな。

日本に着いて間がない頃、チゲとマロの散歩ルートの途中にある田んぼは、緑色に波打っています。カレンダーをながめては、まだこんなに滞在日数が残っている、と嬉しくて仕方ありません。

しかし、稲穂が黄金色になってくると、スペインに戻る日が近づいてきて、だんだん元気がなくなっていきます。早々と稲刈りがすんだ田んぼを見た日などは、一気に落ち込み。

チゲとマロの散歩
・チゲ(右)と娘のマロ

そして、日本を発つ日の朝、チゲとマロの所へ行って、「また2年たったら来るから。それまでちゃんと元気にしててね」と挨拶して実家を後にします。

チゲ、あの時はとても元気だったのになぁ。もう1回会いたかったなぁ。

スポンサーサイト

カテゴリ: チゲ

チゲが旅立ちました。 

昨日チゲが旅立ちました。
安らかな旅立ちでした。 応援ありがとうございました。

ちげ、また会いましょう

獣医さんに余命わずかと言われてから半年、よく頑張りました。
最期までチゲはとても大切にしてもらって幸せでした。

チゲ、虹の橋のたもとで待っていてください。
無理に急いで行くつもりはないけど、必ず行くから、みんなを待っていてください。

カテゴリ: チゲ

実家にもらわれた白い子犬 

実家にもらってもらった白い子犬には、娘がスペイン語の歌から「チゲリート」という名前を付けていましたが、長いので「チゲ」と呼ばれるようになりました。

チゲあっかんべ~
・成長するにつれ受け口になったチゲ。しかもあっかんべ~をしています。

遊んでいるようないないような

今年14歳になったチゲは、現在乳ガンの末期状態にあり、実家で手厚い介護を受けています。両親には本当にありがたく思うと同時に、どういう気持ちで毎日介護しているかと考えると辛くなります。

獣医さんからは余命わずかと言われましたが、その獣医さんが驚くほどチゲは頑張っています。今年の4月上旬にはほとんど歩けなくなり、えさも食べなくなって、最悪の場合を覚悟したこともありました。その時には、父がつきっきりで本当に少しずつえさを食べさせたそうです。母はチゲを飼うようになってから普通に世話はしていたものの、決して愛犬家ではありませんでしたが、弱っていてもがんばるチゲの姿を見て、「かわいいと思えるようになった」と電話口で言っていました。

そんなチゲでしたが、その後奇跡的に持ち直し、朝になると散歩に行きたくて犬小屋から飛び出してくるまで元気になりました。チゲに会いに行きたくてもそう簡単に日本に帰れない私は、せめてもと思い、ネットで見つけた免疫を上げるというサプリメントを実家に送っています。月に1度、これまでに4回送りました。毎月、今月も送れる、と嬉しくなります。

「最近またちょっと調子が悪い」と母から聞かされています。胸の中に石が入っているような気持ちです。どれだけの時間がチゲに残されているのかわかりませんが、それが少しでも長くありますように。そして苦しい思いをせずに少しでも楽に過ごせるように。チゲ、祈ってるよ。


チゲ散歩

カテゴリ: チゲ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。